弁護士事務所求人サイトランキング

弁護士事務所への転職には転職サイトが有利!

年収が高いイメージが強い為か、士業(さむらいぎょう)の中でいろいろな意味で人気の弁護士。勤め先で年収も大きく左右される職業ですので転職は失敗できません。

一人での転職活動が不安なら、ぜひリクルートエージェントなどの転職サイトに登録してみましょう。専門的な相談も出来ますし業界の最新情報も聞けます。もちろん求人案件も豊富なのでおすすめのサービスです。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■弁護士事務所の求人であれば転職成功実績No.1のリクルートエージェントがおススメ!
約30万人が転職に成功しているリクルートエージェントには弁護士事務所の求人が豊富。
■弁護士から弁護士秘書まで新卒でも中途採用でもリクルートエージェントが徹底支援します。
中堅の弁護士事務所から4大事務所まで弁護士のキャリアアップを目指すあなたをサポート!
■大幅な年収アップを図りたいのであれば一般公開されていない非公開求人をご紹介します。
■弁護士事務所の求人に精通したキャリアアドバイザーがあなたのどんな希望でも叶えます。
■弁護士や弁護士秘書の他にもパラリーガルやトランスレーターなど全ての職種の求人に対応。
■キャリアアドバイザーが面談であなたの強みを引き出し最適な弁護士事務所の求人をご紹介。


マイナビエージェント 無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
年間200万人が登録しているマイナビエージェントには希望する弁護士事務所の求人が豊富!
■弁護士事務所の専門のキャリアコンサルタントが最新の業界情報や求人情報を教えます。
■元弁護士事務所に勤務経験があるキャリアコンサルタントが就職や転職をアドバイスします。
■弁護士事務所とのつながりが強いマイナビエージェントの法人担当が就職や転職をサポート!
■大手弁護士事務所への就職や転職ならキャリアコンサルタントが最後まで徹底サポート!
■気になる弁護士事務所の求人情報もキャリアコンサルタントから事務所の内情まで訊けます。
高年収な弁護士事務所の求人から福利厚生が充実した求人までどんな案件でも揃っています。
■得意の英語が活かせる求人や海外の支店で働きたい方も弁護士事務所の求人の事ならお任せ!


DODA 無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■日本最大級の転職支援サービスなので弁護士事務所の求人も希望するような案件があります。
他の人材エージェントとも提携しているので思いがけない弁護士事務所の求人も期待が可!
■弁護士事務所に精通した専任のキャリアコンサルタントが就職や転職でも求人情報をご紹介。
■最初にあなたのレジュメを登録すると興味をもった弁護士事務所からスカウトがあります。
■DODAに登録すると弁護士事務所へ就職や転職を希望するあなたの市場価値も一目で把握
4大事務所など大手弁護士事務所の求人情報もキャリアコンサルタントが紹介してくれます。
■弁護士事務所の求人情報だけでなく気になる年収もDODAの年収査定サービスで試算可!
■弁護士事務所の内情に詳しいキャリアコンサルタントが応募する事務所の採用基準を教えます。


弁護士事務所の転職は難しい?

弁護士事務所の転職は難しいです(弁護士としての採用とバックオフィス・秘書などの採用があります)。弁護士事務所によっては応募倍率が数十倍から数百倍と言った事務所もあって、本当に弁護士事務所の転職は狭き門なのです。その為、弁護士事務所にすぐに採用されるとは考えない方が無難です。しかし、そのような状況の中でも弁護士事務所への転職を考えているのなら、途中で弁護士事務所の転職は難しいからと挫折してしまわないことです。また、諦めて妥協した転職活動にならないように心がけることが大事です。

弁護士事務所の転職は難しいですが、求人募集する弁護士事務所側の要望を事前に知って、その要望に近づけることで採用の可能性が高まります。ただ求人募集する弁護士事務所側にどのような要望があるのかは、それぞれの事務所で違いがあるので一概には言えません。しかし、共通する基本的な要望はあるので、最低限そのことを理解しておくと役立ちます。弁護士事務所の事務業務は、あくまでも弁護士の補助で基本的に地味な仕事が多いのですが、その地味な仕事を完璧にこなすことで信頼を得ることができます。また、指示がなくても気を回して補助してあげることも大切で、地味にコツコツできることや気が回る人物が求められます。それから、自分で調べて解決できる人物は歓迎されることが多く、その他はどの職場でも要求される職業人としての基本的な常識があることです。

人物的な面も大事ですが弁護士事務所で働くことを考えると、能力が足りていないと採用されることは難しいです。どのような能力が必要かというと、秘書的な能力とパソコンスキルは最低限求められます。また、資格を持っていることにより採用時のアピールになりますし、実際採用後にも役立ちます。役立つ資格としては、司法書士・秘書技能検定・ビジネス実務法務検定・簿記検定・法律事務所職員養成講座などがあります。それから求人募集する弁護士事務所側の要望を知るために募集内容を熟読することが大事ですし、弁護士事務所のホームページを閲覧すると要望が読み取れます。

弁護士事務所の転職は難しいですが、躊躇して消極的な転職活動をしていてはなかなか転職することはできません。何としても弁護士事務所へ転職したいと考えているのなら、数多くの求人募集情報を収集して条件面や応募資格でダメでなければ積極的に応募してみることも必要です。その為にも有効な求人媒体をフル活用することが大切で、積極的な転職活動が狭き門を突破できることにつながるのです。


Copyright (C) 2014-2017 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.