英語力が活きる弁護士の求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士編> >> 英語力が活きる弁護士の求人

英語力が活きる弁護士の求人

日本国内で就職や転職する際にも最近は応募条件に、ある一定のTOEICスコアを求める企業が増えてきました。また中には楽天のように社内の共通語を英語にするなど、大胆な試みを行う企業も出てくるなど英語力の必要性が叫ばれています。この背景には少子高齢化で国内の市場が縮小し、新たな市場を求めて多くの企業が、海外へと進出していることも挙げられます。これまでであれば安い人件費や設備投資のために、中国や東南アジアなどの発展途上国へ製造拠点を作っていまっした。

しかし内需が期待できないことから、発展を続けている中国や東南アジアなどの国々へ、次々と日系企業が国外へと可能性を求めているのです。さらに大手飲料水メーカーや携帯電話会社のソフトバンクなどにように、海外の企業買収がかってないほど活発化しています。これも海外進出と同じ理由で日本国内の市場の縮小がその背景にあります。このように日系企業がグローバル経済の中で好むと好まざるに関わらず、海外でビジネスを展開すればその国の法律と全く無関係というわけにはいきません

海外に工場や現地法人を設立する場合でも、国によって資本金から役員のことまで全て日本とは法律が違います。また現地の従業員を雇用する場合でも、解雇する場合でもその国の法律に基づいて行う必要があります。海外での労使関係に限らず海外の企業買収などのM&Aや、国際商取引なども法律の専門家である弁護士に頼るしか方法がありません。そのため最近ではビジネスレベルの、英語力がある弁護士の求人が目立っています。また近年は弁護士事務所に依頼するだけでなく大手企業などは、インハウスロイヤーと呼ばれる企業内弁護士の採用も積極的に行っています。

弁護士事務所に就職や転職する弁護士の年収が年々下がり続ける一方で、ビジネスレベルの英語が使えるバイリンガル弁護士の需要は高まるばかりです。特に最近は海外へ留学したり帰国子女の中には英語を自由自在に操れる弁護士も増えているので、もし英語力を活かせる弁護士の求人に興味がある方は、リクルートエージェントのような転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの中には一般に公開していない弁護士の求人案件も多く、ビジネスレベルの英語が使える弁護士であれば大幅な年収アップも夢ではありません。また転職エージェントの専任の担当者が求人側の弁護士事務所や、企業の社風から採用基準まで教えてくれるので1度気軽にお問合せして下さい。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.