30代の弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 30代の弁護士秘書求人

30代の弁護士秘書求人

30代の方であれば結婚しているのか、子供がいるのかによっても職場選びも異なってきます。結婚していたりまだ小さな子供がいれば、残業もなかなかできません。また採用する側もそれは同じで、30代の方の応募で気になるのは結婚と子供のことです。まだ結婚していない女性に、人事担当者が尋ねるのは結婚の予定です。またすでに結婚していれば、子供を作る予定があるかどうかも、人事担当者にしてみれば気になるものです。

四大法律事務所のような大きな弁護士事務所であれば、育児休業制度や介護休業制度などやベビーシッター育児支援制度やベビーシッター利用料金の一部補助など福利厚生面でもしっかりしています。しかし弁護士事務所の多くは在籍する弁護士が1人から数人しかいない小さな弁護士事務所が殆どです。そのため大手事務所のような育児休業制度や介護休業制度などはありませんし、福利厚生面も期待できないのが現実です。

大手事務所でも新卒採用だけでなく最近では中途採用も積極的に行っていて、弁護士秘書の求人も30代の方でも応募することができます。小さな弁護士事務所でも大手事務所でも弁護士秘書の仕事に大きな違いはありませんが、大手事務所の場合は弁護士のスケジュール管理が主な業務内容です。そのため弁護士秘書と、事務職が区別されているのが普通です。

大手事務所の弁護士秘書の場合は自分が管理する弁護士のためのデータ入力や文書作成などは行いますが、その他の裁判のための書類の準備などは事務職の仕事になります。小さな弁護士事務所では弁護士秘書が事務職を兼ねているのが一般的なので、弁護士秘書と言っても裁判のための書類作成なども行います。このように大手事務所の場合と小さな弁護士事務所の場合では多少の違いがありますが、30代の方が働くとすれば大きな差があります。

女性にとっては1番自分のキャリアアップを積みたい30代に、結婚や出産の時期が重なることが多いからです。もし自分のキャリアアップをしたいと考えている30代の方であれば、育児休業制度があり子育てなどの支援を行っている大手事務所の方がお勧めです。もし30代の方でそんな弁護士事務所の弁護士秘書求人を探しているのであれば、リクルートエージェントのような転職エージェントで探すことができます。転職エージェントの担当者に希望を伝えれば、育児休業制度があるような弁護士事務所の求人案件を紹介してくれます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.