40代の弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 40代の弁護士秘書求人

40代の弁護士秘書求人

40代の方が弁護士秘書の求人に応募する場合は、若い20代や30代の方と比べると応募できる案件も限られてきます。ハローワークなどの求人票には年齢不問と記載されていますが、実際には多くの弁護士事務所でも30代までの方を希望しているからです。新卒採用が基本の大きな弁護士事務所でも、最近では中途採用も積極的に行っています。しかし弁護士秘書の求人に関しては、新卒採用に限定しているところも少なくありません。また中途採用を行っているところでも、40代の方を採用する大手事務所は少ないのが現実です。

ただ弁護士事務所の半数以上は所属する弁護士が1人から数人のところが多いので、小さな弁護士事務所であれば大手事務所のような年齢の制限はあまりありません。ただその場合でも弁護士秘書の求人広告を出せば、20代や30代の若い世代の方々も当然ですが応募してきます。そんな応募者の中から採用を勝ち取るためには、若い世代の方々にはないような点をアピールする必要があります。もし40代で業種や職種が未経験の仕事に応募しても、まず採用されることはありません。

弁護士秘書の仕事も同じで40代の方のセールスポイントは、これまで培ってきた経験やスキルのはずです。小さな弁護士事務所であっても、少しでも仕事ができる優秀な人材を求めているのは間違いありません。20代や30代の若い世代の方々にはないような、知識や経験があれば年齢というハンディはかなりなくなるでしょう。しかしもし若い世代の方々と同じ程度の経験やスキルであれば、若い世代の方々の可能性を期待する弁護士事務所は多いと思います。

他の業種や職種でも同様に40代の方に求められているのは、豊かな経験や高い専門性です。さらに男性の方であれば、部下を束ねるマネジメント力やリーダーシップです。特に今の時代は企業の40代の方が、置かれている環境には厳しいものがあります。つまり企業の40代の方々はその多くが課長職などの管理職ですが、部長などのポストは限られていて多くの企業でリストラの候補に上がっています。

そのため20代や30代の若い世代の方々がやれるような仕事しかできない40代の場合は、リストラされる可能性があるということです。逆に考えれば20代や30代の若い方々にはないような、高い専門性を仕事の面で持っていれば40代でも生き残っていけます。もし40代の弁護士秘書の求人に興味があるのであれば、リクルートエージェントのような転職エージェントで探すことができます。転職エージェントの担当者が40代のあなたの強みは引き出して、最適な弁護士事務所の求人案件を紹介してくれます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.