土日休みの弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 土日休みの弁護士秘書求人

土日休みの弁護士秘書求人

一般企業でも土日休みの完全週休2日制のところが多くなりましたが、弁護士事務所も一般の企業と同じように1週間の勤務日は月曜日から金曜日の5日間で、週休の2日間は休みというところが普通です。ただ一般企業でもそうです零細企業の中には、今でも日曜日だけが休みのところも存在します。弁護士事務所も同様で、全てのところが土日休み限りません。特に弁護士事務所の多くは弁護士が1人から数人のところが多くそんな小規模なところでは、弁護士秘書も1人でお問合せの電話や来客の対応まで全てを行います。

大手事務所の場合であれば秘書とは別に事務員がいるのが普通ですが、小規模な弁護士事務所では依頼者へのお茶出しから電話の対応まで行います。さらにその上に所属する弁護士のスケジュール管理から裁判のために必要な書類の作成までと、弁護士事務所によっては弁護士秘書の仕事も結構忙しいところも少なくありません。そのため平日だけでは仕事の処理ができないために、日曜日だけが休みのところもあります。1度でも完全週休2日制のところで働いた経験があれば、日曜日だけが休みのところで働くのは正直なところ辛いものがあります。

弁護士秘書の仕事は他の事務職と比べても特別に給与が高いということはなく、月給も20万円前後の求人が多くボーナスも小規模な弁護士事務所の場合はないこともあります。四大法律事務のような大手事務所以外は、ボーナスがあっても3〜4ヶ月程度が相場です。大手事務所で働く弁護士秘書は残業も基本的にはありませんが、小規模な弁護士事務所の場合は忙しい時には残って残業することもあります。弁護士事務所に転職したり弁護士秘書の仕事に転職する際には、給与の高い安いだけでなく残業や休みなどの条件面もしっかり調べることが大事です。

求人情報の収集方法もハローワークや求人誌などいろいろありますが、リクルートエージェントのような転職エージェントに登録して探すのがお勧めです。自分では給与の交渉もなかなか言い出し難いものですが、転職エージェントの担当者に希望を伝えれば給与の交渉だけでなく、残業や休みなどの条件面も詳しく教えてくれます。また弁護士事務所の人間関係や採用基準など求人情報には書かれていないことなども、担当者に聞けば教えてくれるので上手に活用することで転職で大きな味方となるはずです。さらに担当者との面談に応募書類を持参すると添削を行ってくれたり、面接のセミナーなども全て無料で利用することができます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.