学歴不問の弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 学歴不問の弁護士秘書求人

学歴不問の弁護士秘書求人

日本では学校を卒業して就職する際には、求人の応募条件として高卒以上とか大卒以上とか記載されています。企業も最終学歴がその人の能力を表すものではないと知っていますが、採用の基準として学歴が存在するのは紛れもない事実です。ただいったん企業に就職すると中途採用の求人には、学歴不問と記載されている案件を目にすることがあります。これは一体、どういうことなのでしょうか?

社会人としての経験が全くない新卒の場合は、中途とは違って採用の判断が最終学歴の他に乏しいからです。そのため高卒であってもこれまでの実績やスキルがあれば、実績やスキルに乏しい大卒よりも企業の人事担当者は、高卒の方を採用したいと思うでしょう。しかしもし求人の応募条件として大卒以上と記載すれば、高卒で実績やスキルがある人材が応募することもありません。そうなれば企業としては、みすみす優秀な人材を見逃すことになります。

そのため求人の応募条件として学歴不問と記載し、広く優秀な人材を求めているのです。最近は外資系企業に転職する人が増えていますが、これも日資系企業と違って外資系企業は性別や年齢や学歴で、採用するとか採用しないとかの判断をしないからです。さらに日本の企業では終身雇用や年功序列などの言葉が死語になり、日資系企業にいてもいつリストラの対象になるか分からないことも背景にあります。

そのため仕事で実績や成果を上がれば、それがストレートに給与に反映される外資系企業に魅力を感じる人が増えているのもよく分かります。ただ弁護士事務所の弁護士秘書の求人に学歴不問と記載されている場合でも、確かに最終学歴が採用の基準でないことは明らかでも、これまでの実績やスキルが採用の基準であることには変わりはありません。それだけに弁護士秘書として弁護士事務所があなたに、何を求めているかを理解することが大事です。

一般事務の仕事と同じようにワードやエクセルが使えるだけでなくマイクロソフトオフィススペシャリストや、秘書検定や簿記検定や日商マスターなどの資格を取得したりすることも大事かもしれません。しかしどんな資格よりも弁護士秘書に求めているのは、間違わずに正確に仕事を行うことや誰とで上手くやっていく明るさや協調性などです。

もし学歴不問の弁護士秘書求人を探すのであれば、リクルートエージェントのような転職エージェントで探されてみてはどうでしょうか。弁護士事務所の求人情報に精通した転職エージェントの担当者が、あなたが希望するような弁護士秘書の求人案件を紹介してくれます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.