残業がない弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 残業がない弁護士秘書求人

残業がない弁護士秘書求人

弁護士事務所で働く弁護士秘書の仕事ですが、一般企業での秘書や事務職と大きく変わるものではありません。勤務時間も朝の9時か9時30分から、午後の5時か6時位までと言うのが普通です。弁護士秘書と言っても一般の事務と同じ場合と、秘書と事務職を明確に分けているところとあります。その場合は弁護士のスケジュール管理や依頼者との打合せのセッティングなどを行うのが秘書の仕事で、事務職の場合は依頼主から預かった書類の整理や、裁判のための準備などの実務が主になります。

四大法律事務のような大手事務所になると弁護士秘書は所属する弁護士のスケジュール管理が主な仕事で、他には依頼者など来客がればお茶出したりします。そのため秘書と事務職が明確に分かれている弁護士事務所では弁護士秘書は、法律の知識や裁判に関する実務的な知識は必要となりません。むしろ本来の秘書の仕事が求められ、残業も基本的には殆どありません。しかし秘書と事務職の区別が明確に分かれていない弁護士事務所の場合には、忙しい時には残って残業することもあります

例えば裁判の時期が迫っていてどうしてもそのための準備とか、大量の事務処理があるような場合です。また会社の破産申立や財産の保全などは緊急性があり、必要な書類作成は急を要するからです。ただその場合でも弁護士事務所によっても多少の違いがあり、中には平気で弁護士秘書に残業させるところもあります。特に秘書と事務職の区別がない小規模な弁護士事務所の場合は、慢性的に人手が少なく残業が多いところも結構あります。

またそれが嫌で辞めてしまう弁護士秘書も多く、そのためさらに人手不足で残業が増えるという、悪循環の繰り返しの弁護士事務所も存在します。パラリーガルがいる弁護士事務所であればそんなこともありませんが、弁護士が1人とか数人のところではパラリーガルがいない場合も多いのが現実です。そのため弁護士秘書も依頼者へのお茶出しから電話の受付や弁護士のスケジュール管理の他に、書類作成から謄本などの取り寄せなども行うのが普通です。

もし残業がない弁護士秘書の求人を探しているのであれば、リクルートエージェントのような転職エージェントに登録されてみてはどうでしょうか。弁護士事務所の求人情報に精通した転職エージェントの担当者が、残業がない弁護士秘書の求人を案件を紹介してくれます。また秘書と事務職を明確に分けている弁護士事務所で働きたいと、転職エージェントの担当者に希望を伝えればそのような求人案件だけを紹介してくれます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.