年収が高い弁護士秘書求人

弁護士事務所求人TOP >> 条件別の求人<弁護士秘書(事務員)編> >> 年収が高い弁護士秘書求人

年収が高い弁護士秘書求人

日本で秘書と聞くと企業の社長や国会議員の秘書を、思い浮かべる方も多いと思います。ただ大手企業であれば社長だけでなく、役員クラスにも普通は秘書が付いています。また各種団体などの代表者や役員にも、仕事を補佐する個人秘書が付いています。さらに企業の中には部署や課を担当する、グループ秘書と呼ばれる職種もあります。また大学の教授や研究機関の研究者を補佐する学者秘書と呼ばれる秘書や、画家などの芸術家や個人事務所の建築家などをサポートする秘書もいます。さらに秘書には専門職として採用され秘書の業務だけしか行わない場合と、事務職として採用されその後に秘書として配属される場合とあります。

さらに国会議員の秘書の場合は公費で2名まで採用できる公設秘書と、1名まで採用できる政策秘書と私設秘書の3つのタイプの秘書が存在します。また大学の教授や研究機関の研究者を補佐する学者秘書の場合も、大学や研究室で付ける秘書と個人秘書の場合と2つのタイプの秘書がいます。それに対して企業の場合は秘書課や秘書室に所属する秘書と、部署や課に所属するライン秘書がいます。研究者の秘書の場合はその多くが研究費で雇用され、その業務内容も雇用側の研究者や研究室によってかなり違いがあります。

ただどの業種やどのタイプであっても秘書の業務内容は書類の整理や電話の対応などの補佐的なことから、スケジュールの管理から会議や出張の準備や来客の応対や健康管理まで実に多岐に渡っています。例えば企業であれば秘書課で会社の広報や、株主総会の準備なども担当するケースもあります。また大学の教授や研究機関の研究者の秘書の場合は、海外での会議や研究発表などもあるため高い英語力も求められます。このように秘書と一口でいっても、その業務内容も業種によっても異なります

弁護士事務所にも弁護士の業務をサポートする、弁護士秘書がいるのが一般的です。ただ呼び方は必ずしも秘書ではなく弁護士事務所によっては、事務員さんという呼び方をするところもあります。女性の事務員しかいないような弁護士事務所だと秘書と呼ぶことも多いのですが、男性の事務員がいるような弁護士事務所であればジェンダーと呼ぶところもあります。また大規模な弁護士事務所では判例調査・契約書作成・債権調査などを行うパラリーガルと弁護士秘書は完全に区別されています。

弁護士秘書の年収はピンキリですがもし年収が高い弁護士秘書の求人に興味がある方は、リクルートエージェントのような転職エージェントで探されてみてはどうでしょうか。転職エージェントには四大法律事務所などの大手法律事務所の弁護士秘書の求人もあるので、面談で希望の年収を担当者に伝えると求人案件を紹介してくれます。

弁護士事務所の求人が見つかる!定番サイトの比較!

  サービス名 利用料金 対応地域
リクルートエージェント 無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2018 弁護士事務所求人サイトランキング All Rights Reserved.